コーヒーをもっと趣味に

THE GOOD GOODIES(ザ グッド グッディーズ)

THE GOOD GOODIES(ザ グッド グッディーズ)

鎌倉散策の入り口として。

秋も深まり紅葉シーズンなので、11月の最終週に鎌倉に行ってきました。今年は暖冬ということもあり、まだ完全な紅葉とは言えませんでしたが、情緒溢れる寺院や海岸沿いなどを散策し、自然を感じることができました。

観光スポットとして不動の人気を博している鎌倉ですが、同時に飲食店も活気溢れています。鎌倉駅東口から鶴岡八幡宮方面に線路に沿って伸びる小町通りは、国内外の観光客・修学旅行生で土日は勿論、平日も大奥の人で賑わっています。

対して西口は人通りこそあるものの、上記の小町通りに比べると長閑な空気感を漂わせています。

THE GOOD GOODIES_kamakurastation

今回紹介するTHE GOOD GOODIESは鎌倉駅西口を出て小町通りとは逆方向に1分ほど歩いたところ、

2013年10月にオープンした鎌倉散策の入り口的なコーヒースタンドです。

THE GOOD GOODIES_entrance

店内はスタンディングのみで、縦長のこじんまりとしたスペースですが、コンクリートの壁面と木目調のカウンターテーブルがシンプルながらもスタイリッシュな空気を演出しています。

THE GOOD GOODIES_interior

コーヒーメニューはオリジナルのブレンドと、4種類ほどのシングルオリジンが揃っています。シングルの豆は時々に依ってラインナップが変わるそうです。抽出はペーパードリップで。コーヒー以外にもチャイやジュース、ジンジャーエール等もありますので、コーヒーが得意でない方も気軽に利用できます。

THE GOOD GOODIES_menu

THE GOOD GOODIES_menu2

お店の右側にある壁一面の棚にはコーヒーに因んだアイテムが並んでいます。セレクトされたアイテムはどれもセンスが光っています。

THE GOOD GOODIES_goods

今回はエチオピア・イルガチェフェを注文。焙煎は気持ち深めで、所謂サードウェーブ系のキリっとした酸味はそこまで感じませんが、コク深く程よい苦味があります。

THE GOOD GOODIES_coffee

もちろんお店にはマフィンやクッキーなどのベイクド、スイーツは取り揃えていますが、個人的にはこちらでコーヒーをテイクアウトし、同じ通りにあるKIBIYA BAKERY(キビヤベーカリー)で買ったパンをお供に鎌倉散策に出かけるのもひとつの愉しみ方として提案したいです。

THE GOOD GOODIES_kibiya

朝の時間帯(7時から9時)は一杯100円から飲めるGOOD MORNING COFFEEというメニューもあります。付近に勤務している方に気軽に利用いただける印象です。

THE GOOD GOODIES_goodmorningcoffee

鎌倉というと、大仏を見て小町通りでお土産を見て、鶴岡八幡宮に行って・・・、という修学旅行的なイメージが先行していましたが、少し横道に入ると大人も非常に楽しめる魅力が沢山詰まった町でした。

余談になりますが、個人的お薦めスポットは長谷駅にある鎌倉文学館です。鎌倉にゆかりのある文豪達の直筆原稿、手紙などが展示されているのですが、明治時代に建造された洋館のデザインも素敵で文学に興味の無い方も楽しめます。

THE GOOD GOODIES_bungakukan1

長谷駅から少し歩くのですが、大仏を見に行くついでに寄ってみるのも良いかもしれません。文学館に行く途中にある小さなトンネルには不思議なオーラを感じました。

THE GOOD GOODIES_bungakukan2

THE GOOD GOODIES 店舗情報

住所: 神奈川県鎌倉市御成町10-1

移動時間: 鎌倉駅西口より徒歩1分

営業時間: 7:00~19:00

定休日: 水曜日・毎月最終火曜日

wifi: 不明

電源: 不明

喫煙: 不可

HP: https://www.facebook.com/THEGOODGOODIES

About the Author

神宮司茂

東京都下町生まれ下町育ちの30代。コーヒーは大学生くらいまで苦手でした。大学生の頃、新宿のPAUL BASSETTでラテアートを見て感動したのがコーヒーとの出会い。休日は専ら愛機のb-ant 406steel(ミニベロ)で都内を散策。コーヒー以外に、ラーメン、ファッション、ミステリ小説、ガンダム(宇宙世紀)と守備範囲は広め。 モットーは「広く、それなりに深く」。